基幹相談支援センター

沖縄市障がい者基幹相談支援センターは、県内初の民間事業所への委託という形で平成26年4月1日にオープンしました。主な役割は相談員の後方支援と関係機関と協働し相談支援体制を整え障がいを持つ方々の地域生活をサポートしていく事です。具体的な取り組みとして「人づくり」、「仲間づくり」、「地域づくり」をキーワードに以下の取り組みも行っています。
「人づくり」=人材育成を目的に各種研修会の企画・開催等
「仲間づくり」=支援ネットワークの構築を目的に各種連絡会等の企画・開催等
「地域づくり」=自立支援協議会、その他障がい福祉分野に関わる協議会等の運営やサポート‥等
私たち基幹相談支援センターは、このような業務を通して地域の方々とつながり、関係機関と協働し、沖縄市の目指す「障がいの有無にかかわらず、人権を尊重し、誰もが安心して暮らせる福祉文化のまち」づくりの一助を担っていきたいと思います。